" />

初心者

韓国語の文法について知っておいた方が良いこと

2020年8月10日

お気に入りに入れる

韓国語本

韓国語の文法について知っておいた方が良い事とは、

①韓国語と日本語の文法はよく似ている

②韓国語は日本語や英語より簡単!ということです。

これは覚えなくても良い内容なので、さらっと目を通す程度で読んでください。

 

1.日本語と韓国語の文法が似ている3つの理由

①語順の並びや品詞の使い方がほぼ同じ。

今日 良い 天気 です。
오늘

(オヌl

(ド)

좋은

(チョウn)

날씨

(ナlシ)

입니다

(イmニダ).

品詞について詳しくはこちら

 

②動詞や形容詞が変化する。

行く 行きます
가다

(カダ)

갑니다

(カmニダ)

가요

(カヨ)

③丁寧語・謙譲語・タメ口・方言がある。

原型 丁寧語 謙譲語 タメ口 方言
あげる あげます 差し上げる あげるよ あげるやん
주다

(チュダ)

줍니다

(チュmニダ)

줘요

(チョヨ)

드리다

(トゥリダ)

(チョ)

주께

(チュッケ)

 

2.英語より簡単

英語は日本人なら誰しも義務教育で習っていますが、会話ができる人は多くありません。なぜかと言うと、英語は文章構成が日本語と違うので単語や文法を知っていてもそれを繋げて話す事が難しく感じるからです。

日本人 です。
일본사람 입니다.
I japanese  am

×I  japanese am.  I am japanese. ←日本語と文法の並びが違う。

英語でも簡単な自己紹介くらいはできると思いますが、義務教育とは別に英会話を習うなどしてスピーキング力を鍛えていなければほとんどの人は『英語ができない』と思っているでしょう。

その点、韓国語はハングルを一から覚えないといけないという始めのハードルは高く感じるかもしれませんが、単語と文法さえ覚えてしまえば文法の並びは一緒なので自然と会話が出てきます。

なので韓国語は英語よりも話しやすいと言われています。

 

3.日本語より簡単

韓国語は日本語より簡単です。なぜなら、日本語の文字にはひらがな・カタカナ・漢字があるのに対して、韓国語の文字にはハングルしかありません。漢字が使われることもたまにありますが、ほとんど使用しないそうです。なので日本人が韓国語を覚えるのはとっても簡単なのです!

 

入門マニュアルはこちら

 

お気に入りに入れる

-初心者
-

© 2021 ゆーゆろぐ