" />

初心者

[ハングル表] 韓国語初心者の方必携!覚えやすいハングル反切表がpdfでダウンロードできる【ハングル,文字,一覧表】

2020年8月8日

お気に入りに入れる

【韓国語、ハングル表、ハングル、韓国文字、一覧表、反切表】PDF、ダウンロード

『反切表(はんせつひょう)/ 반절표(パnジョlピョ)』とは、ハングルの母音や子音の組み合わせの一覧表です。日本語で言う『あいうえお一覧表』のようなものです。

ここでは、初心者の方にとって覚えやすいテクニックを詰め込んだ『覚えやすい反切表』をPDF形式でダウンロードしていただけます。

ハングル反切表1

ハングル反切表2




 

『覚えやすい反切表』PDFデータ

ハングル反切表A4

ハングル反切表A4_2P

©2020 ゆーゆろぐ

便利な使い方

ハングル反切表折り方

ポケットサイズにして持ち歩くことができます。

縦・横にそれぞれ折り線が入っています。覚える範囲ごとに見れるようになっているので、通勤中や授業中(!?)にも便利です!

※プリンターの設定や機種によっては真ん中の線にズレが生じる場合があります。

 

 

『覚えやすい反切表』の見方&使い方

1.まずは母音10個から!

覚えやすい反切表2

表のこの部分を読んで音を確認します。

母音で一番重要なのは、ズバリ!「口の開け方」です。

 

1.アの口口を縦に開けてそれぞれ発音。

「아:ア」「야:ヤ」「어:オ」「여:ヨ」

※横に二本線があればyが入ります。

 

2.ウの口】口を前に突き出してそれぞれ発音。

「오:オ」「요:ヨ」「우:ウ」「유:ユ」

※縦に二本線があればyが入ります。

 

3.イの口】口を横に広げてそれぞれ発音。

「으:ウ」「이:イ」

※【イの口】の形で「으:ウ」の発音は難しいので、下記の動画で確認してみてください。

※母音は口の広げ方が重要です!

 

ITPlayerさんのYoutubeにて

ハングル勉強したての時に、この動画にはとてもお世話になりました。ありがとうございます!!

 

2.子音(平音)9個+(激音)1個

覚えやすい反切表3

↑表のこの部分が子音です。

子音は口の動きではなく、ローマ字を覚えます

↓左のイメージと共に覚えると早いです。

 

 

※9「ㅈ」について 『覚えやすいハングル表』のㅈの発音は、[ch]ではなく[th]で記載しております。

 

※「ㄱㄷㅂㅈ」について

ㄱㄷㅂㅈは、この後出てくる激音や濃音の他に、音変化などでもよく出てくるので、『ㄱㄷㅂㅈ(カタパチャ)』と覚えておいたら思い出しやすいです。

ちなみに、この4種類のみ、語頭に来る時は濁らなくて、語頭以外(2番目以降)は濁音をつけて発音します。

例)가구(カグ)【意味:家具】

↓↓↓↓↓

(1)母音と(2)子音がわかるようになったら、後は組み合わせて発音するだけです。

下記の部分、組み合わせて読んでみましょう!下の画像が見にくい場合は→①ハングル反切表A4

↑進歩確認のため、左下の覚えたところに丸をしていただけます。

 

 

3.子音(激音)4個+(濃音)5個

次は子音の激音濃音です。

激音は2で覚えた子音ㄱㄷㅂㅈ(カタパチャ)に

一本線を足すだけ。

濃音はㄱㄷㅂㅈㅅを二つ書くだけ。

でもここで注意しなければいけないことがあります。

それは、『息の出し方』です。↓

激音の注意点

激音は、瞬時に息を強く出します。和田アキ子さんが「あの頃は!ハッ!」と歌うときみたいにお腹から強く息をだすイメージです。

そのことを頭に入れて下記の文章を読んで見てください。Let's!練習⇩

카(kha)カッ

타(tha)タッ

파(pha)パッ

차(cha)チャッ

息を前に強く出す感覚です。口の前に手のひらを当てて出した息が手に当たっていたらOKです。

ㅎも激音の分類ですが、ここではまだ他の激音のように息の強さは気にしなくて良いです。会話では激音になったり無音化したり、音変化が多い子音になりますので詳しくは音変化にてご紹介しています。

濃音の注意点

濃音は、空気を喉に一旦溜めてから一気に高い声で上に放出する感じです。息を出すときに強くすると激音になってしまうので強く出さないでください。(一旦、先ほどの和田アキ子さんを忘れて、高い声を上に出す感じで。)

そのことを頭に入れて下記の文章を順番に読んでみてください。Let's!練習⇩

(喉に息溜めて〜)ッカ

(喉に息溜めて〜)

(喉に息溜めて〜)

(喉に息溜めて〜)

(喉に息溜めて〜)チャ

【例】짜장면:ジャージャー麺

Youtubeでペクジョンウォンさんのチャジャンミョンの発音を参考にしてみてください。「백종원의 홈메이드 짜장 만들기」ちなみにペクジョンウォンさんは、他にもレシピ(韓国料理)をたくさん紹介されています。←韓国人男性と結婚された日本人主婦の方に教えてもらいました。

※日本語を交えた発音練習はこちら

練習例:うっかり → うっか っか

練習例:かった → かった った

練習例:やっぱり → やっぱ っぱ

練習例:さっさと→ さっさ っさ

練習例:まっちゃ っちゃ

 

4.次は二重母音!

表のこの部分は、次の二重母音10個を覚えたら全部読めるようになります。

 

口の動きに気をつけて、二重母音の発音を確認。

1.イの口】口を横に広げてそれぞれ発音。

「애:エ」「얘:イェ」「에:エ」「예:イェ」

の発音はほとんど違いがありません。

ハングルを書くときは

아이(アイ)の애(エ)

어이(オイ)の에(エ)

と表されることがあります。

※얘の発音もほとんど違いがありません。

※ㅖ(ye)はㅇの子音以外とくっつくとㅖ(ye)ではなくㅖ(e)の発音になります。

【例】녜(ne)...

 

2.ウの口】口を前に突き出してそれぞれ発音。

「와:ワ」「왜:ウェ」「외:ウェ」「워:ウォ」「웨:ウェ」「위:ウィ」

외:ウェ」は[oe]と記載していますが、子音ㅇとくっつく時は[オェ]ではなく[ウェ]です。

 

3.イの口】口を横に広げて[ウィ]と発音。

※子音のㅇが来る「의」のみ注意!

의が語頭に来る時 は[ウィ]、 語頭以外は[]と発音します。

【例】자 [ウィジャ]:椅子、회 [フェ]:会議

※注意 助詞「〜の」に当たる〜 は、[ ]と発音します。

【例】나 집[ナ チp]:私の家

 

二重母音と子音の組み合わせは実際には使わないものもたくさんありますので、全部を完璧に覚えなくてOK!

 

ここまでできたら、反切表マスター!あなたは天才です! ここまでできたら、反切表マスター!あなたは天才です!  ここまでできたら、反切表マスター!あなたは天才です! ここまでできたら、反切表マスター!あなたは天才です! ここまでできたら、反切表マスター!あなたは天才です! 

 

5.ハングルの構成

覚えやすい反切表7

ハングルが読めるようになったら次は書けるようになるために、ハングルの構成を学びます。

ハングルの構成は下記のように2種類あります。

(1)子音母音の組み合わせ

例)너,노

(2)子音母音パッチムの組み合わせ(下記の画像参照)

 

プチ知識として、2つの動詞を覚えましょう!

 

 

 

6.パッチムの発音練習

パッチムは子音と同じ音ですが、パッチムになると発音の仕方が少し異なります。

ですが、ここをみて練習すればすぐマスターできます。

そのほかも同じように練習します。

※パッチムに「ㅌ,ㅅ,ㅆ,ㅈ,ㅊ,ㅎ」の子音がきた時もㄷ[t]の音になります。

このブログのルビについて

ハングルをカタカナで覚えてしまうと日本人の発音になってしまうのでなるべく日本語のルビをふらないようにしたいのですが、

本格的に勉強していない人も読んでくださるかもしれないのでカタカナでルビを表記していることが多々あります。

ですが、パッチムだけはカタカナで表現できないので英語でルビを表記しています。

 

ㄱは、k

ㄱパッチムの発音は、「さか( sakka)」←この喉を詰らせて言う「」の音が[k]の音です。

※パッチムに「ㅋ,ㄲ」の子音がきた時もㄱ[k]の音になります。

 

ㄹは、l(小文字のエル)

ㄹパッチムの発音は、舌が少し丸まって上につく音が[l]の音です。

 

ㅂは、p

ㅂパッチムの発音は、「さぷ( sappu)」←唇を閉じて言う「」の音が[p]の音です。

※パッチムに「ㅍ」の子音がきた時もㅂ[p]の音になります。

 

ㄷは、t

ㄷパッチムの発音は、「かた( katta)」←この上歯の裏に舌がついた時の「」の音が[t]の音です。

※パッチムに「ㅌ,ㅅ,ㅆ,ㅈ,ㅊ,ㅎ」の子音がきた時もㄷ[t]の音になります。

 

鼻音のパッチム

ㄴは、n

ㄴパッチムは、「かな( kanna)」←この上歯の裏に舌がついた時の「」の音が鼻音[n]の音です。

 

ㅁは、m

ㅁパッチムは、「さま(samma)」←唇は閉じて「」と発音する部分が[m]の音です。

 

ㅇは、ng

ㅇパッチムは、「がぐ(gangu)」←この喉から鼻に空気が抜けるような「」の音が[ng]の音です。

(Hongkong)の「」の音も[ng]の音です。

 

パッチムは、唇・舌・喉のどこかで止まることが確認できたらここではOKです!

パッチムが2つあるときがありますが、その時は上記の便利な覚え方を頭に入れておくと便利です。

※会話には音変化があり、必ずこれに当てはまるわけではありませんのでその都度覚えることをオススメします。

 

7.子音の名称

韓国人の先生から教わるときには必ず耳にするので覚えておいた方が便利ですが、習う予定がなければ覚えなくてもOK!でも、表の一番下に記載している規則に沿って覚えれば、一気に覚えられます

※濃音の名称にある「쌍(ッサng)」は、「双」とか「ペア(組み)」という意味があります。濃音は同じ子音が二つあるので名称の前に쌍がつきます。

「쌍」が使われる単語

쌍커풀(ッサngコップl):二重

쌍둥이(ッサngドゥngイ):双子

 

8.書く練習

ここまででハングルの全てをこの一枚から学ばれたかと思いますので、書いて練習してみましょう!

※PCや本などでは書体(フォント)による違いがあると思いますが、書くときはどちらでも大丈夫です。

 

長くなりましたが、以上『覚えやすい反切表』の説明でした!

※覚えやすい反切表やこのブログで記載しているローマ字表記は、日本人にとってわかりやすい表記にするため、20007月大韓民国文化観光部制定の「국어의 로마자 표기법(国語のローマ字表記法)」表記とは少し異なります。

 

下記のドリルなどでも楽しくハングルを書く練習ができるのでオススメです。

日本語の「あいうえお」からハングルを覚えたい方は、こちら!

入門マニュアルはこちら

 

 

 

お気に入りに入れる

-初心者
-, , ,

© 2021 ゆーゆろぐ